花粉症の治療について

美容鍼灸あるひ花粉画像

花粉症はアレルギー疾患の一つであり、春先はスギやヒノキの花粉によってくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみといった症状を引き起こすものです。

 

症状を抑えてくれるのが花粉症の薬ですが、花粉症対策で薬を服用するのは花粉の飛散が始まる前が良いとされています。 今回はその花粉症の原因とメカニズムをご紹介します。

花粉症のメカニズムと症状

花粉症は別名「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれ、スギやヒノキなどの花粉がアレルゲンとなり引き起こされるものです。

花粉が原因となっていますが、体内に入った花粉に対して体はどのような反応を起こしているのでしょうか。

まず、人の体は異物であるアレルゲンが侵入してくると体内で抗体を作ります。この抗体が肥満細胞とくっつくのですが、肥満細胞とくっついたアレルゲンが再び体内に入ると、ヒスタミンなどのアレルギー誘発物質を作り出します。

 

このヒスタミンと体内にあるヒスタミン受容体が結合してしまうとアレルギー反応として花粉症の症状が出てしまいます。

このようなメカニズムを利用し、結合を防ぐことによって花粉症の症状を抑えてくれるのが抗ヒスタミン剤です。

また、体の中には自分で自分を治していこうという自然な働きがあります。

それを自己免疫能力といい、その機能がある事で怪我や病気が時間の経過と共に治癒していきます。


この自己免疫能力がネガティブに感じてしまう時が花粉症などのアレルギーです。

 


体に花粉が入った場合、結合組織や粘膜にある肥満細胞とIgE抗体が反応してくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみを起こすことで花粉を除去しようとします。


これが花粉症の症状となります。

花粉症の原因


では一体花粉症の原因とはなんなのでしょうか?

もちろん”花粉症”というだけあって、花粉が大元の原因ではあります。

 

その花粉が、身体で生成される抗体が肥満細胞とくっつくのですが、肥満細胞とくっついた花粉のウイルスが再び体内に入るとアレルギー誘発物質を作り出します。

 


この花粉のウイルスと体内にあるヒスタミン受容体が結合してしまうとアレルギー反応として花粉症の症状が出てしまうのです。


このことこそが、花粉症の原因なのです。

花粉症の治療はaruhiへお任せください

美容鍼灸あるひ花粉症画像

粉症はどんな人でもかかる可能性があるアレルギーで、大人だけでなく子供もかかります。

既にアレルギー疾患をもっている方や、家族に花粉症にかかっている方はかかりやすいと言われています。


当院の花粉症へのアプローチの目的は花粉に反応しない体を作るということです。

花粉に反応しなければ、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどが現れないので、楽に花粉症シーズンを過ごすことができると思いませんか?

 

まずは5回を目処に施術を行い、経過を観察します。その後は状態によって施術を卒業できる方もいれば、もう少し続けてみようという方もいます。

やはり、人によって花粉症の度合いも異なり生活状況を見直さなければならない場合もあります。


しっかりカウンセリングの時に日頃の花粉症の症状や嗜好品などのお話をお伺いさせていただきます。

『去年よりも楽に』をモットーに東洋医学的刺鍼法も織り交ぜながら施術させていただきます。

まずはご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ

まずはお気軽に電話からご予約ください。『はり・きゅう・トレーニングaruhi(あるひ)の坂本です。』と出ますので『ホームページを見て予約したいのですが』、とお伝えいただき、ご希望の院とメニューをお伝えください。初回体験コースをご希望の場合はその旨も併せてお伝えください。

3コールしても出ない場合は、往診中などにより携帯電話の方へと転送するようにアナウンスが入ります。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。 contact button

line_banner

お近くの院からお選びいただけます

阿南店

0884-22-1774

徳島県阿南市長生町南貝ヶ原10-1メゾン・ヘッジホッグB8

徳島店

088-679-7648

徳島県徳島市大松町榎原外53